「法人なり」メリットとデメリット

office

法人なりとは個人事業者が、法人に事業を移し、株式会社等の法人に代わる事。

 

個人事業者が法人となるとメリット、デメリットがあります。

 

法人化のメリット

 

◆個人事業者は所得税の対象で利益に対して、超過累進課税が課せられるが、

法人になると比例税率の法人税の対象になり、事業所得が多くなると有利になる。

◆社長の給与を経費に出来る。

 

◆消費税の免除。

会社設立1年間は免税事業者となり消費税が免除される(資本金1000万円以下の場合)

 

◆損失の繰越控除期間が個人では最高3年が法人では最高9年になる。

 

◆生命保険料など個人事業者では費用計上できなかったものができるようになる。

 

◆一般に法人の方が社会的に信用があり、資金調達や、人材確保、会社間取引に有利なる。

 

◆事業を展開する上でのリスクが軽減する。

個人事業者は事業破綻、倒産などにおいて無限の債務を負うが、法人であれば自分が出資した範囲内に限定される。

 

法人化のデメリット

 

◆法人の設立に手間とお金が掛る。

◆労働保険、社会保険の強制適用事業となり、手続きに追われ、経費も掛かる。

◆赤字でも法人住民税の税金がかかる。

◆帳簿作成や、税務申告書の作成等事務処理の負担が増える。

 

年の所得が600万から700万辺りまで行ったら、節税のため法人化を視野に入れてみてください。