国民年金と厚生年金の違い

rougo-nenkin

年金制度にはどのようなものがあるのでしょうか。

【国民年金】

 

国民年金は日本国内に住所がある20歳以上60歳未満の者が加入を義務付けられています。


納めているときは「国民年金」で、支給されるときは「基礎年金」という名称になり、「基礎年金」は「老齢基礎年金」「障害基礎年金」「遺族基礎年金」と3種類あります。


老齢基礎年金は満額で786,500円(平成24年度)、65歳から支給されます。

 

満額は20歳から60歳までの40年間未納なく国民保険料を支払った場合で、亡くなるまで一生涯支給されます。


原則として、保険料を納めた期間、保険料免除期間を合わせて25年以上の期間がなければ一切支給がされません。


受給資格期間25年に満たない人の為、年金額を満額に近づけるため、60歳以降も任意による保険料の支払いが一部認められています。

 

【厚生年金保険】

 

厚生年金保険の適用事業所に雇用されている70歳未満の会社員が加入します。

 

厚生年金を受給するためには公的年金の加入期間が原則25年以上必要です(老齢基礎年金の受給資格期間<原則25年以上>。

 

更に特別支給の老齢厚生年金を受け取るためには厚生年金保険の加入期間が1年以上、老齢厚生年金を受け取るには1か月以上の厚生年金保険の加入が必要です。

 


要するに25年以上サラリーマンとして社会保険料が引かれていればOKです。


尚、サラリーマンは第2号被保険者として国民年金の被保険者で、厚生年金保険の制度から国民年金に拠出しています。

 

 

また、支給開始年齢は性別や生年月日で違っています。


昭和36年4月2日以降の生まれの男性の場合、65歳からの支給になります。


昭和41年4月2日以降のうまれの女性の場合、65歳からの支給になります。