事故車の定義とは?下がる価格を調べるには?

zikosya

事故車の定義とは、車体の骨格を歪ませるほどの事故を起こした車両の事を差し、修理してある車両は修復歴車、修理していない車は事故現状車と呼びます。


また事故を起こし、ドアが取れたりボンネットが飛び上がるほどの損傷を受けても、骨格が歪んでいなければ交換車となり事故車には該当しません

 


この骨格は車のベースとなる部分で歪めば、車本来の力を発揮できず、走行時に不具合が起きるケースが多くなるため売却金額が安くなるのは仕方ありません。



歪んでしまった骨格を修理するにはフレーム修正機という強力な機械を利用するため、コアサポートやメンバなど主要な個所に引っかき傷が付くため、査定時にはこの点を重点的にチェックするので必ず分かります。


査定士の目は誤魔化せませんが、こちら側からわざわざ修復歴車と答える必要はありません。聞かれた場合のみに答えれば良いだけです。


事故を起こした場合の保証額は保険会社が払ってくれるの?


上述通り、事故を起こした場合は売却時に車両価値が下がる事が分かりました。
しかし、その分は保険会社が補てんしてくれるのでしょうか?


答えは交渉次第です。

保険会社から委託されているアジャスターはこちらが何も言わなければ上乗せをしてくれないケースが殆どとなります。


価値がいくら減額されるのか調べる為には、JAAIの事故減価格証明書を発行してもらう方法がありますので活用して下さい。

もしも追突された場合など相手が居る場合には、示談前に全てを含んだ上での請求を行う必要があります。

また修理工場で事故車扱いになるのかの確認をしてもらい、直接アジャスターに交渉してもらう方法もお勧めです。

事故車はどこに売るのが良いのか?

事故現状車であれば、事故車の専門買取会社が再利用価値を把握しているため一番の価格を提示されると考えられます。


また修復車であれば中古車屋やディーラーでも買い取りや下取りが可能ですが、買い叩かれるので複数見積もりは必須となります。

どこも値段を付けてくれない場合は下記サイトを一度目を通して下さい。廃車にするしかないと諦める必要はありません。
車 廃車