入浴に潜むヒートショックの危険と予防策

heat-shock

これからの時期、家の中で各部屋の室温の差が上下に振れが大きくなることで、身体に変調をきたす場合があります。


このヒートショックは、脳梗塞や心筋梗塞、脳出血などを発症し、突然死などに繋がる場合もあるので注意が必要です。


2011年には全国で17,000人あまりの方が亡くなったという調べもあります

交通事故死者が約4,300人(2013年)なので約4倍の方がヒートショックで亡くなっていることになります。


特に危ないのが寒い時期の入浴になります。


暖かい居間や、自室から冷え込んだ脱衣所や浴室に入り、更に次は熱いお風呂に入る。

熱い湯船からまた寒い浴室、脱衣所へ、この急激な温度差を繰り返す事で血圧が短時間で上がったり下がったりして、体に大きな負担となります。


ヒートショックを特に警戒したい人
*高齢の方
*不整脈のある方
*高血圧の方
*糖尿病の方
*熱いお風呂の好きな方
*動脈硬化のある方
*脂質異常のある方

避けたいこと
*お酒を飲んで入浴する
*食後1時間以内の入浴
*熱いお風呂に入る

ヒートショックを未然に防ぐためには
*脱衣所に小さな暖房器具を置いて事前に部屋を暖める
*浴槽のふたを開けたりシャワーでお湯を撒くなどして浴室を暖かくしておく
*お湯の温度は38度~41度が目安 お湯は熱くしない
*浴槽に入る前に手や足に掛け湯をして少しずつ体を温めて入浴する
*足からゆっくり徐々に体を沈め、お湯はみぞおちぐらいまでの半身浴が望ましい。

お風呂が気持ちの良い時期になりましたが、温度調整には十分にご配慮下さい。