季節に合った旬の食材は栄養価も高く体にも良い。

vegetables

日本は四季折々の変化に富んだ季節感のある風土があり、海や山、川や大地が季節ごとにその表情を変えて私たちを楽しませてくれます。

 

生命ある動植物も春夏秋冬の季節を感じて命を育みます。

 

春には春の野菜を夏には夏の果物を、秋には柿を食べて冬には白菜と鱈を鍋にして食べる。

 

昔からその季節に食べると美味しくて、何故か栄養価も高いのが旬の食べ物。

 

我々日本人はその季節の旬の食べ物、今何を食べれば美味しくて体に良いのかを暮らしの中から体感して代々伝えてきました。

 

しかしこの頃は物によってはスーパーに行けば、旬に関係なく季節に関係なく何時でも求められるようになりました。

 

旬の季節にかかわらず、毎日売り場に目にするうちに気が付くと旬が分からなくなってしまったものも沢山。

忘れてしまった食べ物の旬を勉強してみました。

【ホウレン草】

旬は冬。11月~2月頃


ホウレン草は寒くなると、葉の色は濃くなり、霜にあたって甘みが増して美味しくなると言います。

栄養価も増して、特にビタミンCは夏場の約3倍とも言われ風邪の予防にもなります。


*(寒)ちぢみホウレン草というのもあります。

一般のホウレン草と違い12~2月の寒い時期だけのホウレン草です。

露地栽培で寒さに耐えるため葉が肉厚となり、甘みと旨さを備え栄養価も高いと言います。

 

【ゴボウ】

旬は一般に晩秋から冬。11月~2月頃


夏ゴボウも味も香りも良く柔らかくて、秋冬のものと違った風味で楽しめます。

 

【じゃがいも】

旬は春。3月~6月頃と秋9月~12月頃


新じゃがは普通九州方面を中心に春~初夏に収穫され出荷されるものを言います。

新鮮で皮が薄く茹でると自然に皮が剥けます。


じゃがいもと言えば北海道。北海道のじゃがいもは7-8月が新じゃがの季節です。

 

【すいか】

旬は夏。7月~8月頃
水分豊富で熱中症予防に良いです。