遺産分割の方法について話し合う場所、進め方。

hanasiai

相続人が複数いる場合、遺された財産を分割し、相続人それぞれに分配せねばなりません。

その決め方や、進め方には4種類あります。

指定分割

被相続人が遺言により、遺産の一部又は全部の分割についてその方法を指定したり、相続人以外の第三者に分割する方法を委託したことにより遺産分割をします。

遺言が残されている場合はその指定に従って分割をすることになります。

遺言が無い場合は下記を参考にします。

 

協議分割

相続人全員で協議して分割の有り様を決めることを協議分割と言います。

相続人全員の合意が必要で、分割協議に参加しない相続人が居る場合は、協議分割として成立しません。

相続人全員の合意による場合、遺言や法定相続分などに関係なく、自由に遺産を分割できます。

協議分割で決まった遺産分割は、特別な理由が無い限りやり直しはできませんが、相続人全員の合意があれば、先の分割協議を破棄したうえで、新たに分割協議をして再分割することが可能です。

 

調停分割

協議分割で合意が出来ないときは家庭裁判所に調停を申し立てることが出来ます。

相続人が一人又は何人かで手続きをして他の相続人全員を相手として申し立てます。

調停委員が双方の事情や希望を聞いて、遺産に関する資料なども吟味しながら合意を目指して話し合いを進めます。

調停委員は合意へ向けて解決案を示したり、助言をしたりしますがまとまらないときは審判分割となります。

 

審判分割

調停が不調に終わると、審判の申し立てがあったとみなされ家庭裁判所がその権限により分割の審判を行います。

家事審判が事実の調査、資料調べなどを行い審判を下します。

不服がある場合即時抗告が出来ます。

 

関連:どのように遺産を分け合うのか?配分を決めるのか?