相続するか、しないかの選択肢

相続人が引き継ぐ遺産にはプラスの財産だけでなく、負債もあります。

親がした借金を残されるということもあるのです。

 

その時、相続をするかしないかを相続人が選択できる制度があります。

 

相続人が相続開始を知った日から3ヵ月を「熟慮期間」といい、この間相続の意思決定が出来ます。 続きを読む

法廷相続人以外の第三者にも遺産を残す方法

question-mama

被相続人の財産を相続する人は民法上では法定相続人です。

 

相続人は血族相続人(子・父母・祖父母・兄弟姉妹)と配偶者相続人(配偶者)です。

配偶者と子(代襲相続人・養子含む)以外の相続人は順位により、法定相続人になれない場合もあります。

法廷相続人以外の第三者に財産を残したい場合は、遺言書を遺す必要があります。

続きを読む